管理栄養士のお仕事~給食会社・食品メーカー・病院・小学校~


ドーナツ

私は今まで栄養士・管理栄養士として、さまざまな職場で仕事をしてきました。

どんな仕事内容だったか、どう感じたかを書きますので、これから栄養士・管理栄養士を目指す方の参考になれば嬉しいです。

給食受託会社(給食委託会社)~

栄養士の就職先として一番多いのが、この給食受託会社ではないでしょうか。

私は300~350床の総合病院に配属。

総合病院では各食種の献立を作成したり、発注や在庫管理、帳票作成など給食管理全般の仕事をしました。

配属先によって早番・遅番があったり、シフト制だったりと違いがあります。

お給料は安いし残業も多い。
厨房のおじちゃん・おばちゃんとの関係が何よりも大切。

~食品メーカーでの商品開発~

食品メーカーで商品開発の仕事をしました。
商品開発はすごく憧れていた仕事だったので、派遣社員で一度チャレンジ。
でも、管理栄養士の資格は関係なく、会社員とおなじく電話やお茶出しなども…。

ひたすら同じものを食べるので、好きな食品に就かないと辛いです…。(そして太る)

原価を計算しつつ試作→試食。
営業さんへプレゼンテーションなどもあります。

~病院~

栄養指導・NSTなど管理栄養士ならではの仕事がメイン。
厨房が直営か委託かで献立有り無しなど変わってくるでしょう。
厨房の衛生管理や保健所、医療監査などやることが多い。
固定かシフト制かも病院によってさまざま。

病院は委員会・会議・勉強会が多く、自分でも研修などに参加しないと最新の医療についていけません。

そのため、お給料は高いところが多いし、やりがいも一番あると思います。

~小学校(公務員)~

市や区によって違いはあるでしょうが、まずはとにかく献立作成がメイン。
子どもたちにとって「給食のおばちゃん」が「給食のお姉さん」に変わったくらいでしょう…。
毎日の給食づくり、年に数回「食育授業」をすることも。
あとは職員室の電話当番やお客さんの対応、学校行事への参加も多い。

土日祝日休み、定時退勤、お給料は高めといいことづくめ!
でも仕事内容は管理栄養士でなくても良い仕事。やりがいは一番なかった…。

長くなってきたので続きます。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です