発がんリスク低下:果物は、1日「○○g」程度を食べましょう

果物

*1日に摂りたい果物摂取量

果物は、1日何グラムを食べると良いか知っていますか?

正解は、「200g」です。

バナナ1本100g、キウイフルーツは1個100g、みかん1個100g、りんごやグレープフルーツは1/2個で100gが目安となります。

これらの果物を組み合わせて、毎日摂るようにしましょう。

*果物を摂るメリットは?

果物は甘いので太るというイメージがありますが、食物繊維が豊富で水分が多く、エネルギーが低いため、太りやすくなるということはありません。

果物を毎日摂取することで、以下のメリットがあります。

* 発がんリスクが低下する
* 果物に含まれるカリウムが、血圧の上昇要因であるナトリウムの排泄を促進し血圧を下げる
* 食物繊維が便秘を予防
* 豊富なビタミン類が肌をキレイにする

このような効果が認められています。

そのまま食べることはもちろん、朝、数種類の果物をブレンドして生ジュースにする、ヨーグルトに加えてフルーツヨーグルトにするなど、手軽に摂ることができるのも、果物の魅力です。

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です