冷え対策:レモンジンジャーシロップ

レモンジンジャーシロップ

国産無農薬のレモンが手に入ったので、レモンジンジャーシロップを作りました。

レモンとしょうががたっぷり入っています。
しょうがは薄く切るほうが成分が出やすいので、ピーラーを使いました。

*レモンジンジャーシロップレシピ

【材料】
レモン 1個
しょうが 2個(150g)
きび砂糖 250g
クローブ 5粒
シナモンスティック 1本
水 400ml

【作り方】
(1) しょうがは洗い、ピーラーで薄いスライスにする。
(2) レモンは白い部分が苦いためレモンの皮はピーラーで薄くむき、果肉についた白い部分を取り除き、果実は輪切りにしておく。
(3) 厚手の鍋にレモン以外の材料をすべて入れ、かき混ぜながら水が半分量になるまで弱火で煮詰める。
(4) レモンの皮と果実を加え火を止め、煮沸消毒したジャーに入れる。
煮沸消毒したビンに入れて、2週間ほど保存できます。

夏は炭酸で割ってジンジャエールにするのがおすすめですが、冬はやっぱりお湯割りで。
朝や寝る前に飲むと体がぽかぽかに温まります。

これで冷え性改善や風邪予防!

*おまけレシピ

シロップを飲み切ったあとの残ったしょうがは、
小鍋に入れて弱火で水分を飛ばすとドライジンジャーに。
(皿に並べ、表面を少し乾燥させます)

ドライジンジャー

もしくはそのままパウンドケーキなどのお菓子作りにも使えます。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です