マクロビオティックな常備菜*きんぴらごぼう

なんとなく体がスッキリしないとき。
なんとなく体がだるいとき。
少しお砂糖をお休みして、マクロビオティックな料理を楽しみましょう。

食物繊維をたっぷり含むごぼう。
しっかりと噛むように、千切りではなく大きめに切って作りました。

*マクロビオティック・きんぴらごぼう

【材料】
ごぼう 2本(150g)
にんじん 中1本(80g)
ごま油 小さじ1
水 50ml
しょう油 小さじ1
白いりごま 小さじ1

【作り方】
(1) ごぼうはよく泥を洗い落としてから斜めに薄切り、にんじんはたて半分に切ってから薄切りにする。
(2) フライパンか厚手の鍋にごま油を入れ弱火にかけ、ごぼうを加えて炒める。ごぼうがしんなりしてきたらにんじんを加え全体を混ぜ合わせる。
(3) 水としょう油を加え、汁気がなくなるまで炒り煮する。
(4) 最後に白ごまを加えて全体を混ぜ合わせる。

*マクロビオティックでの味付けのポイント

マクロビオティックでは白砂糖はもちろん、てんさい糖やメープルシロップであっても、日常的に甘味料を使うことは控えるというのが前提。

ついつい「みりんくらいは…」と使いたくなってしまいますが、今回は野菜本来のおいしさを味わうために、ごま油の風味としょう油のみの味付けにしてあります。
しょう油の量もごくごく控えめに。
とってもシンプルで素朴な味わいです♪


レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

マクロビオティックな常備菜*きんぴらごぼう」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 便秘解消に役立つレシピまとめ - 爽健美家~シンプルな暮らしのレシピ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください