甘さ控えめ!自家製いちごジャムの作り方

いちごジャム

定番のいちごジャム。
手作りならではの素朴な味。
形の崩れたいちごや小粒のいちごが手に入ったときは、いちごジャムにするのがおすすめです。

*自家製いちごジャムレシピ

【材料】
いちご 200g
グラニュー糖 60g
レモン汁 大さじ1

【作り方】
(1) いちごはヘタを取り水で洗い、キッチンペーパーでよく水気をふき取り、厚手の鍋に入れる。
(2) いちごにグラニュー糖をかけて混ぜ、1時間~半日ほどおく。
(長く置くほうがいちごから水が出ます)
(3) いちごから十分に水が出ていたら、鍋を強火にかける。
(4) 沸騰したら中火にし、灰汁(あく)をすくい取りながら煮て、とろみがついてきたら火を止めてレモン汁を加え混ぜる。
(5) 煮沸消毒した清潔なビンに入れて蓋をし、逆さにして粗熱をとる。

*ポイント

完熟のいちごを使い、沸騰するまで強火で煮ることで、きれいな赤いジャムができます。

今回は、いちご200gに対して60gの砂糖を使用。
ジャムを作るときの砂糖の量は、重量の半分(50%)が基本と言われていますが、今回はカロリー控えめにしたかったので、砂糖は少なめの30%。
それでもかなり甘くできました。
甘さを好みに調整できるのが、手作りの醍醐味!

その分、保存期間は短めになりますのでご注意ください。

そのままトーストやパンケーキに付けるほかに、
ソーダや牛乳で割って、いちごソーダやいちごミルクにしてもおいしいし、お菓子作りにも使えます。

いちごが旬の、この季節だけのお楽しみです♪

 

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください