★ミニマリスト

一石二鳥のお片付け!「もったいない病」から解放されるフリマアプリ利用術

以前、「100個捨てる」いう記録をした後、「さらに100個捨てる!」という目標を立てました。

記録したノートを振り返ると、化粧品と衣料品(服やバッグ)・ベビー用品が多くありました。

なぜかというと、これらのものはフリマアプリで売れるからなんです!

フリマアプリで売るから処分できる

捨てる、売る、寄付をするなどの方法がありますが、今回は化粧品と衣料品が多かったのでフリマアプリ(メルカリ・ラクマ)を活用しました。

「もったいない」という気持ちも、「誰かが使ってくれる」「空間が空く」「お金が手に入る」というメリットがあるので、手放しやすくなります。

不用品をフリマアプリで売ることのメリット

とにかく、売れる!
もう着なくなった服・使わなくなったバッグなどが大量にあったので、思い切って出品したところ予想以上に売れるので楽しくなりました。

コスメ用品、ベビー用品は需要があるため売れやすいアイテムです。

不用品をフリマアプリで売ることのデメリット

値下げ交渉に対するストレス

フリマという特性上なのか、とにかく「値下げ交渉」が多い!
中には1万円のものを「5,000円でどうですか?」と値下げ交渉されたりして、そのやりとりにストレスを感じることもありました。

また、丁寧なメッセージのやりとりがルールになってしまい、手軽なことがメリットだったのに、いちいちメッセージを送らなければならないので、わずらわしくなってしまいました。

梱包・発送作業に手間がかかる

梱包作業や発送作業は面倒に感じますが、私はきれいな袋や紙袋を消費できるので好きでした!
育児休暇中はなかなか外に出ないので、外出のきっかけにもなりました♪

売り上げ金が失効することがある

最近、フリマアプリの売上金が無くなる(失効する)ということが、トラブルになっていると聞きました。
そのため私は、無料で振込できる1万円になったら振込依頼をしています。

【2019.7.27追記】

手数料無料は中止になってしまいました。

片付けにフリマアプリは一石二鳥!

「もったいなくて捨てられない!」に、フリマアプリは一石二鳥!いらないものが処分できて、さらにお金を得ることができます。

売れないもの=お金を払って買いたくないもの。

売れないものは価値がない!と思えるので、その時は処分しやすくもなります♪

Return to Top ▲Return to Top ▲