L 副菜

ダイエットにはきのこがおすすめ!冷凍きのこで作るきのこレシピまとめ

ダイエットにはきのこがおすすめ!とはよく聞きますが、きのこの何がダイエットに効くのでしょうか?

改めてきのこの栄養についておさらいしてみましょう。

ダイエットにきのこがおすすめの理由

きのこの特徴は、

  • 低カロリー
  • 食物繊維が豊富
  • コレステロール値を下げる効果
  • 食べごたえがある
  • しっかり噛む必要がある
  • かさ増しができる

きのこ類は不溶性食物繊維を多く含み、腸を動かしてコレステロールや脂肪分を体の外に排出します。

以上のことから、きのこはダイエットにおすすめの食材と言えます。

さっぱり!きのこマリネ

材料

  • きのこミックス 200g
  • にんにく 1片
  • 赤唐辛子 適量
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 酢 大さじ1
  • 塩・こしょう 適量

作り方

  1. きのこは石づきを取り、食べやすい大きさにさいておく。にんにくはみじん切りにしておく。
  2.  フライパンに、にんにく・赤唐辛子・オリーブオイルを入れ弱火にかける。
  3. にんにくの香りが立ってきたら(1)のきのこを加え、しんなりするまで炒める。
  4. 酢を加えて混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を調える。

ポイント

酢を加えたら酸味が飛ばないよう、加熱しすぎないようにしてください。

ごはんに合う!きのこの佃煮

【材料】

  • きのこミックス(しいたけ・しめじ・えのき茸・舞茸など) 200g
  • 日本酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • しょう油 大さじ1

【作り方】

  1.  きのこは石づきを取り、食べやすい大きさにほぐしておく。
  2.  鍋に酒・みりん・しょう油を入れて弱火で煮立て、(1)のきのこを加える。
  3.  きのこから水が出てしんなりしてきたら、調味料をからめながら汁気がなくなるまで煮つめる。

ポイント

唐辛子を加えて煮たり、最後に唐辛子をかけても良いですね。

えのきと長ねぎの中華炒め


【材料】

  • えのき 100g
  • 長ねぎ 50g
  • ごま油 小さじ1
  • 鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1
  • 黒コショウ 適量

【作り方】

  1.  えのきは石づきをとる。長ねぎは洗い斜め切りにする。
  2.  フライパンにごま油小さじ1を入れて熱し、えのきを加えて炒める。
  3. えのきがしんなりしたら長ねぎを加え、鶏がらスープの素(顆粒)小さじ1を加えてさっと炒める。
  4.  器に盛り、黒コショウをふる。

えのきも長ねぎも、冷凍しておいたものを使いました。
きのこの冷凍方法
きのこミックスでも一種類でもかまいません。

長ねぎの青い部分は捨てがちですが、切って冷凍保存しておけば、ちゃんと料理に使えます。

材料を冷凍保存しておけば、買い物に行けないときでも5分で作れちゃう時短レシピです。

キャベツとキノコのアンチョビ炒め

【材料】

  • キャベツ 200g
  • エリンギ 100g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく 1片
  • 赤とうがらし(輪切り) 適量
  • アンチョビ 3枚
  • 塩 適量
  • 黒こしょう 適量

【作り方】

  1.  キャベツは一口大のざく切り、エリンギは縦に薄切り、にんにくとアンチョビはみじん切りする。
  2. フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤とうがらしを入れ、弱火にかける。
  3. キャベツとエリンギを加え強火で炒め合わせ、塩・黒こしょうで味を調える。

ポイント

キャベツがたっぷり食べられる、キャベツ消費レシピです。

きのこを入れるとうま味アップ!

きのこの種類は舞茸でもしめじでもなんでもOKですが、今回は冷凍エリンギを使いました。

ビールにも合う一品です。

ダイエットにきのこがおすすめの理由まとめ

きのこはくせがないので、和洋中、どんな料理にも合います。

かさを増して食べごたえを出すと、低カロリーの料理でも満足できますよ!


レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

Return to Top ▲Return to Top ▲