シンプルな手帳*無印良品のマンスリーノートで予定を管理

*EDITのメリット・デメリット

1日1ページタイプのEDIT。
ほぼ日手帳と並ぶ人気の手帳です。
ほぼ日手帳より大きく、見た目も中身もすっきりとしていてシンプルなデザインが気に入っています。メモページが広いので、情報をひとつにまとめたり、ライフログとして記録用におすすめ。

今年もEDITの手帳を使っていましたが、手帳に雑誌の切り抜きを貼ったり、映画や美術館のチケットなどを貼っていたら、厚みが出てかなり重くなってしまいました。
1日1ページの手帳はもともと重いのがデメリット。
なにかを貼ったり挟んだりするとますます重くなり、持ち歩き用には向かなくなることが悩みでした。

*無印良品のマンスリーノート

薄いノートを買って、月刊予定表だけ貼り付けようかなと思っていたところ、無印良品のマンスリーノートを発見。

マンスリーページは今年の8月〜来年9月まで。
この時期スタートの手帳は珍しいですよね。
他は3年カレンダーと罫線のノートだけという、とてもシンプルな手帳。
お値段は450円とお財布にも優しい。
無印良品なのでシンプルなデザインですし、ビニールのカバーが付いているのでノートのように水濡れの心配はなさそうで、持ち歩き用にぴったり!

*使い分けるのもアリ!

シールを貼ったり色分けしたりと、きれいに書く記録用はEDIT。
無印良品のマンスリーノートは、黒と赤のフリクションボールペンでどんどん予定を記入する使い方にしようと思ってます。
使い分けるのも1つの手ですよね。

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください